mattintosh note

EasyWine は pixivFANBOX & BOOTH で頒布中

Keychron K1 v4を買ってみた

最近手持ちのキーボードの感触に飽きてきたので新しいキーボードを買いました。

なんか良さげなキーボードないかな〜と探してたら Keychron というメーカーのキーボードに遭遇。以前 クラウンドファンディングで受け付けていたようなのですがいまは公式ショップから買えるようです。

f:id:mattintosh4:20200827020207p:plain
Keychron K1 v4

在庫があったアルミニウムホワイトバックライト赤軸モデルをチョイス。K1 は Gateron のロープロファイルスイッチを採用しています。お値段は本体が $69 で送料が $20 でした。国内で売っているロープロファイルキースイッチを採用しているキーボードだと FILCO Majestouch Stingray などがありますが送料込みでも K1 の方が安いですね。Cherry ではなく Gateron のキースイッチを採用してはいますが Bluetooth も搭載しているのでコスパは結構良い方だと思う。

DHL から佐川に引き渡された翌日に届きました。だいたい一週間くらいでしょうか。結構早めですね。化粧箱は特に痛みもなく綺麗な状態で届きました。

入っているものはキーボード本体と USB ケーブル、交換用キーキャップ、キーキャッププラ―、説明書。梱包も綺麗で非常に好感が持てます。

f:id:mattintosh4:20200827015710p:plain
Keychron K1 v4

バックライトは結構明るめで常時フル点灯していると気になるくらいです。

ざっくり評価

  • 薄い
  • 通常の赤軸よりも底打ち音は小さめ。ケースが薄いせいもあってか反響音はほとんど無い
  • 気分が踊るような打ち心地ではない
  • 軸ブレが気になる
  • 有線・無線ともにチャタリングの発生は無い模様(macOS
  • キーキャップがテカりやすい

ロープロファイルのスイッチが初めてなので茶軸と青軸の感触はわからず。これだったら青軸買っても良かったんちゃうか?と思ってたりもする。メカニカルっぽい楽しさはあまり無い気がする。薄いのでパームレスト無くても余裕と思いきや傾斜がつけられないのでパームレストはあった方がいいかな(FILCO の薄いやつくらいでちょうど良さそう)。

総合評価 ★★★★☆ くらい。値段や品質、スペック等に関しては高評価。ただやっぱりタイピングしていてもあまり楽しくはない点でマイナス。買って損したとは思わないけど大正解だったってほどではない。(単にロープロの赤軸が面白くないってだけかもしれないけど)

カラーバリエーションが増えたら違う軸で買ってみようかなと思いました。

いまのところ Keychron のキーボードはすべてカーソルキーを搭載しているので「60% 試してみたけどキーが足りなくて使いこなせなかった」っていう人にもおすすめ出来そうではある(自分はむしろカーソルキー不要派なのでそんなにキー要らんって思ってしまうけど)。基本ワイヤレス対応っぽいしホットスワップに対応しているモデルもあるので初めてのメカニカルキーボードに Keychron は結構良さげではなかろうか。

↓のリンクから買うと 10% オフになるそうです。

Keychron | Wireless Mechanical Keyboards for Mac, Windows Referral Program