mattintosh note

EasyWine は pixivFANBOX & BOOTH で頒布中

Anne Pro 2 をロープロファイルアルミケース化してみた

自作キーボード第二弾用に注文していたパーツが届きました。で、使うことあるかな?と思ってロープロファイルアルミニウムケースも一緒に注文していたんですが、これ使っちゃうと DZ60 の裏面 LED が意味なくなっちゃうんですね。なので Anne Pro 2 で使ってみることにしました。

今回使用するアルミケースはこんな感じのものです。記事を書いている時点では少し値下げされていて $45 で購入出来ます。POK3R ライクなケースで、角度が付けられるようにオプションの脚も付いています。こちらの脚はネジ留めして使うようになっていますが、敢えて取り付けずにフラットで使うことも出来ます。

f:id:mattintosh4:20200526011936p:plain

f:id:mattintosh4:20200526012044p:plain

KBDfans で取り扱っているケースは DZ60 などの自作キーボード PCB 向けなので Anne Pro 2 用に設計されてはいません。そのため、実際に取り付けようとするとネジ 5 本中 2 箇所しかネジ留め出来ません(上部両サイドの二箇所のみ)。ネジはケースに付属しているネジではなく Anne Pro 2 で使われていたものを使用します。

プラスチックからアルミニウムの薄型ケースに変わったことで打鍵音も変わり、ケース内に響く音が少なくなった気がします。吸音用にスポンジなどを敷く人もいるようですがひとまず素の状態で取り付けることにしました。

Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case
Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case

下半分がネジで固定されていない状態ですが普通にタイピングする程度であれば問題なさそうです。

Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case
Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case

Type-C のコネクタは穴のサイズがシビアです。自作キーボード用の PCB は Type-C コネクタが若干外側に付いているのですが、Anne Pro の PCB はあまり外側に出ていないためケースの奥深くに潜り込むようなかたちになります。Anne Pro 2 に付属しているものではコネクタのサイズが大きく刺すことが出来ませんでした。(写真で使用しているものは家にあった適当な Type-C ケーブル)

Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case
Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case

Amazon で売られている UGREEN というメーカーの L 字タイプは純正か???と思うくらいにジャストフィットします。

Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case
Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case

この USB ケーブルはバリエーションが 50 cm からあり、ノート PC 用としても無駄のないサイズです(取り回しによってはギリギリになってしまうかも)。個人的にナイロン編みが好きなので気に入っています。

このケースは裏面に貼り付けるゴムシールが付いてくるんですが、ゴムシールの方が大きく、溝のサイズと合わなかったので手元にあった丸形のゴム脚を付けました。一緒にこのケースのアクリルタイプも買ったんですがそちらはピッタリサイズでした。ケースの種類ごとにゴムシールのサイズがあるのかないのかはわかりません。

Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case
Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case

標準のケースもシンプルで良いですが、やはりアルミになると高級感が増しますね。

Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case
Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case

重量は 763 g でした。標準の Anne Pro 2 がバッテリー混みで約 630 g なので約 130 g の重量アップです。

ダーク系の DSA プロファイルキースイッチと併せてみる

DSA プロファイルのキーキャップを取り付けている Anne Pro 2 Black Case の方も移植してみました。今回はケース色にオレンジを選択しましたがパープルだったらエヴァ初号機っぽい印象になったかも。

Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case
Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case

標準の Anne Pro 2 と並べてみます。キーの高さはあまり変わらず、使ってみるとむしろロープロファイルケースの方が高いような気が…。

Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case
Anne Pro 2 with KBDfans Low Profile Aluminium Case

DSA プロファイルのキーキャップが付いている方は Gateron 茶軸なんですが、タクタイルスイッチとアルミケースの相性がイマイチだったので今回は赤軸の方で使うことにしました。

欠点:標準バッテリーが取り付けられなくなる

Anne Pro 2 は Bluetooth 対応なのでバッテリーを搭載しています。このロープロファイルアルミケースは溝が付いているのですが、標準バッテリーをその溝に入れたとしてもネジ受けよりもわずかに高くなるので(自分が試した限りでは)バッテリーを取り付けられなくなります。つまり Bluetooth が使えなくなります。

Tofu 60% も持っているのでそちらでも試しましたがスポンジを取り外してギリギリいけるかいけないかくらいの非常に微妙なところでした。

YouTube で Anne Pro のケースを交換している方がいますが、薄型のバッテリーを使っているようです。Anne Pro 2 専用の交換用ケースも販売されてはいるのでそちらを選択するのが無難かもしれないですね。

www.youtube.com

有線では問題なく使用出来ます。一応、モバイルバッテリーと USB 接続すれば USB から給電して Bluetooth も使えるようになります(そんなアホな使い方する人いないと思うけど)。

Anne Pro 2 のケースを交換する際は Bluetooth が使えなくなるかもしれないことを考慮しておいた方がよさそうです。

60% aluminum low profile casekbdfans.com