mattintosh note

EasyWine は pixivFANBOX & BOOTH で頒布中

Anne Pro 2 Gateron茶軸が届いたので赤軸と比較してみたり

前回の Anne Pro 2 Gateron 赤軸に引き続き今回は Gateron 茶軸です。ホワイトの在庫が無かったのでブラックケースを注文しました。注文時の価格は 7,917 円でした。Gateron 軸モデルは Banggood で現在プレオーダー受付中で 2020 年 4 月 23 日から発送が開始される模様です。

mattintosh.hatenablog.com

何日で届いたか

今回は 2020 年 4 月 5 日に Banggood で注文して 4 月 21 日に届きました。4 月 15 日には OCS から佐川運輸に引き渡されたみたいなんですが、佐川側のデータが全く更新されず。コロナの影響で荷物が色々多かったのかもしれません。

写真で見る Anne Pro 2 Black Case

ホワイト同様、とても綺麗な仕上がりです。Banggood の商品情報によると現在はフォントが 3 種類あり、ランダムで出荷されるとのこと。今回届いたのは前回のホワイトと同様の B タイプなので揃って良かったです。(A タイプはフォントがあまり好きではない…)

Anne Pro 2 Black Case, Gateron Brown
Anne Pro 2 Black Case, Gateron Brown

ブラックケースでもプレートの色はホワイトなようです。恐らく LED の光を綺麗に見せるためではないかと思います。

Anne Pro 2 Black Case, Gateron Brown
Anne Pro 2 Black Case, Gateron Brown

ケース背面。ホワイトケースと同様。

Anne Pro 2 Black Case, Gateron Brown
Anne Pro 2 Black Case, Gateron Brown

ホワイトと並べてみます。最初はホワイトで揃えようかなと思っていたんですが、ブラックも格好いいですね。

Anne Pro 2 Black Case, Gateron Brown / Anne Pro 2 White Case, Gateron Red
Anne Pro 2 Black Case, Gateron Brown / Anne Pro 2 White Case, Gateron Red

製品紹介の写真を見る限りでは B タイプと C タイプのフォントはほとんど同じなようで、Windows キーの部分がロゴか Win というテキストになっているかどうかみたいです。(そこ変える必要あった?って感じですが…)

Anne Pro 2 Black Case, Gateron Brown / Anne Pro 2 White Case, Gateron Red
Anne Pro 2 Black Case, Gateron Brown / Anne Pro 2 White Case, Gateron Red

初めての Gateron 茶軸。Cherry MX 茶軸との違いは…?

FILCO Majestouch Convertible 2 Cherry MX Brown との比較です。

最初の印象としては「Gateron 茶軸の方が軽い」でした。スペック上 Gateron 茶軸が 45 g で Cherry MX 茶軸が 55 g なので軽くて当然と言えば当然なのですが、10g の違いでも結構はっきりわかるものだな、と。軽い分、赤軸とは違う、茶軸独特のタクタイル感を感じることが出来ます。軸のブレもあまり差はないかむしろ Gateron の方があまりブレてない気もする(キーキャップの差かもしれないけど)。

Majestouch はケースが反響しやすいこともあって「ガチャガチャ」意外に「カーンカーン」という音がするんですが、Anne Pro 2 Gateron Brown はケースが小さいことと、バネが弱いせいか控え目。(ちなみに「カーン」という音は Anne Pro 2 Gateron Red だとほとんどしません)

Anne Pro 2 Gateron 赤軸と比較してみて…

やはり茶軸の方が押下時に「ジャリ」っという感じがします。しかし底打ちの音は案外小さいです。底打ちの音なら Anne Pro 2 Gateron Red の方がうるさく、指が痛い気がします。

タイピング音はリニアで途中にひっかかるものがないので赤軸の方が綺麗ですね。茶軸は若干「シャリッ」っていう音が聞こえることもあります(ルブれば気にならなくなりそうだけど)。擬音で表すなら赤軸は「スコスコ」って感じで茶軸は「コリコリ」って感じかなぁ。

赤軸は本当に軽くて滑らかにタイピング出来ますし、茶軸は「ボタン押した!」って感じがします。気分で使う方を切り替えて使うのが楽しいです。

適当に撮ったものですがなんとなく差がわかるかと思います。キーキャップ交換して遊んでいたのですごく適当です。

www.youtube.com

前回の Anne Pro 2 が届いて早二週間、そろそろ使いづらいと思うことも…?

無いですね。無い。

カーソル移動用に設定しているキーが左 Ctrl(ここを Fn1 としています)と HJKL なんですが、ここはもう少しいいポジショニングがあるかもしれないとは思っています。Vimmer なので右手の配置は譲れませんが。(Insert?いえ、知らない子ですね…)

ObinsKit
ObinsKit

赤軸と茶軸どっちをオススメする?

甲乙つけがたいですね。Anne Pro 2 に関しては Cherry MX と違って押下圧が同じで明確に赤軸と茶軸の差を感じられるので本当に赤軸か茶軸の好みで選んでいいと思います。滑らかなフィーリングが良ければ赤軸、タクタイル感が欲しければ茶軸っていう感じで。個人的には両方買ってみて良かったと思ってます。家専用で青軸も買ってもいいかも。