mattintosh note

田舎エンジニア物語 〜In Search of the Lost My Private Key〜

Manjaro Linux を使い始める

先日、研修講師をやってたときに使ったノート PC を初期化することにした。今日の DistroWatch のランキングでは MX Linux が 1 位だったけどちょっとデザインがイマイチかな。というかもう KDE になれすぎて GNOME 系は物足りない。Kubuntu にも少し飽きてきたのでまた Arch を使うことにして Manjaro をチョイス。メモリ消費量は Firefox を起動して 1 GB 前後。Yakuake が標準で入ってて助かる。

f:id:mattintosh4:20190523232728p:plain
Manjaro Linux

日本語入力設定

私の基本的なロケールen_US.UTF-8 で、文字入力だけ日本語です。

以下のパッケージをインストールしておきます。KDE だが GTK 系も入れておかないと FirefoxGoogle ChromeChromium といったアプリケーションで日本語が入力できない。

  • fcitx
  • fcitx-gtk2
  • fcitx-gtk3
  • fcitx-mozc
  • fcitx-qt5
  • kcm-fcitx
sudo pacman -S fcitx fcitx-mozc fcitx-gtk2 fcitx-gtk3 fcitx-qt5 kcm-fcitx

インプットメソッドの設定で Mozc を追加しておく。左欄に英語しか出てこない場合や Mozc が出てこない場合は下にあるチェックボタンを外すと出てくるはず。

f:id:mattintosh4:20190523234018p:plain
Input Method

~/.xprofile に下記のように書いておく。デスクトップ環境にログインしたときに自動的に読み込まれる。この設定がないと fcitx はウィンドウを補足できない。/etc/environment に記述しておく方法もあるがこちらの方がユーザごとに任意に設定ができる。

export XMODIFIERS=@im=fcitx
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx

一旦ログアウトするか再起動して Kate などの KDE アプリケーション、Firefox などの GTK アプリケーションで日本語が入力できれば OK。ウィンドウを切り替えたときに画面端のキーボードアイコンが Mozc のアイコンに変わらない場合は ~/.xprofile のスペルミスなどが考えられる。fcitx-diagnose環境変数が正しく設定されているか確認するとよい。


fcitx の設定なんてしょっちゅうやるものではないので軽くネットを徘徊したときに見つけたけど下の二つは設定方法が間違ってますね。(片方は Manjaro 公式 Wiki っぽいのでちゃんとして欲しいというか本家の Arch Wiki があんなに丁寧に書いてるのになぜここで間違ったことを書くのか…)


さてメモリ 4 GB しかないけど何しようかな…(´・ω・`)