mattintosh note

Hello Raspberry Pi!

🐧 デフォルトスクリーンショットアプリケーションの変更

f:id:mattintosh4:20140821215241p:plain

Xfce 環境のスクリーンショットアプリケーションを xfce4-screenshooter から Shutter に変更する。


xfce4-screenshooter と Shutter の比較話をしつつキーボード・ショートカットを変更する工程まで。

xfce4-screenshooter について

xfce4-screenshooter はシンプルなスクリーンショットアプリケーション。全画面撮影、アクティブウィンドウ撮影、座標指定撮影、カーソル撮影オン・オフ、タイマーを備えている。

xfce4-screenshooter

Shutter について

Shutter は xfce4-screenshooter に更にウィンドウ選択撮影、メニュー撮影、ツールチップ撮影、ウェブ撮影などができる。撮影した画像はセッションに記録され、コレクションのような感じで扱うことができる。自動保存時の対応画像フォーマットは JPEG/BMP/PNG で、メインウィンドウからの保存時は TIFF/GIF/ICO/PDF などにも対応する。メインウィンドウの他、タスクトレイアイコンからも撮影メニューが選択できるようになっている。

Shutter

ウェブページ撮影ではブラウザを起動することなくウェブページを画像として保存できる。(サイトによっては記録できないのでそういう場合はブラウザで…)

Shutter Shutter

他にもこんな機能を備えている。他にもたくさん機能があって全部書くのは大変。もし Windows 版があったらベストアプリにノミネートされること間違いなし。(?)

  • 簡易エディタ内蔵。
  • 撮影時にタスクトレイの Shutter アイコンを非表示にする。
  • 再撮影機能。
  • 撮影時のウィンドウの自動リサイズ機能。(例えば 640x480 にセットしておくと撮影時にターゲットウィンドウを拡大・縮小し、撮影が終わったら元に戻してくれる。)
  • 自動サムネイル作成機能。(オリジナルと別にサムネイルを自動作成してくれる)
  • 撮影後の外部アプリケーションの自動起動。
  • クラウドサービスへのアップロード機能。

キーボード・ショートカットの変更

環境設定のキーボードからキーボード・ショートカットを変更し、xfce4-screenshooter から shutter コマンドへ変更する。shutter コマンドのオプションは -f がフルスクリーン、-a がアクティブウィンドウ、-d=秒数 で撮影まで遅延時間の指定ができる。

Shortcut Command Shortcut Command

アクティブウィンドウ撮影も同様に登録する。Alt+PrtSc が何故か認識してくれなかったので Super_R+PrtSc にした。

Shortcut Command