読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

😃 mattintosh note 📝

Hello Raspberry Pi!

🍎 EasyWine.app 🍷

Mac OS X Mavericks Wine Emofuri えもふり EasyWine

EasyWine.app は OS X で Wine を簡単に使えるようにしたアプリケーションです。

概要

EasyWine.app は OS X で Wine を簡単に使えるようにしたアプリケーションです。Xcode や Homebrew、MacPorts などのツールをインストールしなくても使えるはずです。尚、動作については無保証とさせていただきます。使用している Wine についての詳細は README を参照してください。

アイコンは未実装です。EasyWine.app/Contents/Resources/droplet.icns あたりに適当に入れてください。

WINEPREFIX および XDG の環境変数を変更しています。キャッシュ削除系のアプリケーションを使用すると Wine 関連のファイルが全て消える可能性があります。設定値は下記の表、または EasyWine.app/Contents/Resources/Scripts/Loader.sh で確認してください。

環境変数 値
LANG ja_JP.UTF-8
WINEPREFIX $HOME/Library/Caches/Wine/prefixes/defaults
XDG_CACHE_HOME $HOME/Library/Caches/Wine
XDG_CONFIG_HOME $HOME/Library/Caches/Wine
XDG_DATA_HOME $HOME/Library/Caches/Wine

ダウンロード

以下のページで配布しています。

http://matome.naver.jp/odai/2140238022377155001

使い方

ここでは『E-mote Free Movie Maker(えもふり)』のインストールを例に説明します。

EasyWine のディスクイメージと実行したい EXE ファイルを用意します。

ディスクイメージをマウントして中にある EasyWine.app を適当な場所にコピーしてください。

この段階で EXE ファイルが EasyWine.app で開けるようになっているはずです。開きたい EXE ファイルを EasyWine.app にドラッグ・アンド・ドロップしたり、コンテキストメニューで EasyWine.app を選択してください。

初回起動時のみ Mono と Gecko プラグインのインストールに関する案内が出ることがありますのでインストールしてください。これは OS X にインストールされるわけではなく、ファイルとしてダウンロードされるだけです。必須ではありませんが Windows アプリケーションの起動確率を上げるためにインストールしておくことをおすすめします。

Mono と Gecko のダウンロードが完了次第、EXE ファイルが実行されます。

インストーラが作成した LNK ファイルを EasyWine.app で開くこともできます。

WINEPREFIX は ~/Library/Caches/Wine にあります。Finder の移動コマンド等を使って開いてください。

~/Library/Caches/Wine/prefixes/default 以下が WINEPREFIX です。インストールされたファイルはここに置かれます。Emofuri をバージョンアップするときはこのフォルダをバックアップしたり、リネームしておけば古いバージョンを残しておくことができます。ですが、自分の作品はできるだけここに保存せずに、ホームディレクトリやデスクトップなどに保存することをおすすめします。

EasyWine.app 単体で起動した場合は『Wine エクスプローラ』が起動するのでそちらからアプリケーションを開くこともできます。


「Wine 設定」や「レジストリエディタ」を直接する表示する機能はありません。「Wine エクスプローラ」から実行してください。

OS X メニューバー表示・非表示の切り替えについて

http://mattintosh.hatenablog.com/entry/20141006/1412575057 を参照してください。

アンインストール

EasyWine.app と ~/Library/Caches/Wine をゴミ箱に入れるなどして削除してください。Windows 環境にインストールしたファイル等も全て消えますのでご注意ください。