mattintosh note

Hello Raspberry Pi!

MacPorts で古いバージョンの Wine をインストールする方法

MacPorts で以前のバージョンの Wine をインストールする方法です。Wine に限らず他のポートでも応用できます。

古いリビジョンのポートファイルの取得

ここでは以下の2通りの方法を紹介します。作業には Subversion を使用します。

  1. リビジョンを指定して取得する方法
  2. ローカルでリビジョンを切り替える方法

リポジトリの URL は以下で確認できます。

https://svn.macports.org/repository/macports/

リビジョンを指定して取得する方法

最初に取得したいリビジョンを確認します。ここでは @106495 を例にします。

https://trac.macports.org/log/trunk/dports/x11/wine-devel/Portfile

mkdir macports
cd macports
svn co https://svn.macports.org/repository/macports/trunk/dports/x11/wine-devel/@106495

ローカルでリビジョンを切り替える方法

リポジトリを複製します。

mkdir macports
cd macports
svn co https://svn.macports.org/repository/macports/trunk/dports/x11/wine-devel
cd wine-devel

コミットログからリビジョンを調べます。-l オプションで出力するログの範囲を制限できます。

svn log -l10

"r107442" 等がリビジョン番号です。

------------------------------------------------------------------------ r107442 | jwa@macports.org | 2013-06-29 20:37:36 +0900 (土, 29 6 2013) | 2 lines wine-devel: version bump to 1.6-rc4 … ------------------------------------------------------------------------ r105969 | jwa@macports.org | 2013-05-11 19:09:35 +0900 (土, 11 5 2013) | 2 lines wine-devel: version bump to 1.5.30 …

リビジョンを変更します。ここでは「version bump to 1.5.30」の r105969 を例にします。

svn up -r 105969

変更されたファイルとリビジョンが表示されます。

A files/not-clang.patch A files/clang.patch U Portfile Updated to revision 106495.

ポートのインストール

ポートファイルのあるディレクトリで作業します。ここでの作業ではポート名は不要です。

ポートの情報を確認して希望のリビジョンになっているか確認します。

port info

ポートをインストールします。既に winedevel をインストール済みであれば事前にアンインストールしておきます。

sudo port -v install