読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

😃 mattintosh note 📝

Hello Raspberry Pi!

wine.inf に日本語を書く方法

気になったので調べてみた。

share/wine/wine.inf は WINEPREFIX 作成時に書き込まれるレジストリの値が書かれたもの。ここに値を書いておくとレジストリファイルを読みこませる必要がなくなる。ただ、日本語を書く場合、そのままでは当然文字化けするし、Unicode で書いてもバックスラッシュが「¥ã€ã«å¤‰æ›ã•ã‚Œã‚‹ã ã‘なのでファイル自体を加工する必要がある。

日本語を文字化けせずに読み込ませるには以下の方法が考えられる。

前者の場合、UTF-8 で書かれているものを iconv などで CP932 に変換する。変換後は編集に CP932 対応のエディタが必要になるので環境によっては扱いにくいかもしれない。

$ iconv -f UTF-8 -t CP932 wine.inf.orig > wine.inf

後者の場合は uconv が必要になり、これは ICU に含まれている。Mac OS X の場合は多分 Xcode に含まれていないので MacPorts などでインストールするか自前でビルドする。

$ uconv -f UTF-8 -t UTF-8 --add-signature wine.inf.orig > wine.inf

nkf は試してないけど BOM 付き UTF-8 に対応してるっぽい。