読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

😃 mattintosh note 📝

Hello Raspberry Pi!

Mac OS X に ccache をインストール

ビルドするもの多すぎてもうダメポになってきたので ccache を入れる。

ccache は MacPorts 版を使ってたけど最近 /opt/local そのものを入れ替えたりすることもあるので /usr/local に自前でインストールすることにした。

http://ccache.samba.org/download.html からソースをダウンロードするか Git のリポジトリをコピーしてくる。今後も ccache は使うので Git 版を使うことにした。Git 版は configure が無いので先に autogen.sh を実行する。

$ git clone git://git.samba.org/ccache.git
$ cd ccache
$ ./autogen.sh

CPPFLAGS とか LDFLAGS をセットしてビルド。

$ ./configure
$ make
$ make install

MacPorts 版はここでさよならする。

$ sudo port uninstall ccache

~/.ccache が MacPorts によって作成されたもので権限が違うので一度削除する。

$ sudo rm -rf ~/.ccache

ccache -s でステータスを確認する。設定ファイル ~/.ccache/ccache.conf が作成される。

$ ccache -s
cache directory                     /Users/***/.ccache
primary config                      /Users/***/.ccache/ccache.conf
secondary config      (readonly)    /usr/local/etc/ccache.conf
cache hit (direct)                     0
cache hit (preprocessed)               0
cache miss                             0
files in cache                         0
cache size                           0.0 kB
max cache size                       5.0 GB

5GB はちょっと多い気がするので MacPorts 版のときと同じ 2GB にしておく。

~/.ccache/ccache.conf

max_size = 2.0G

設定可能な値は ccache -p で確認できる。

$ ccache -p

圧縮の設定もできるらしい。

(default) base_dir =
(default) cache_dir = /Users/***/.ccache
(default) cache_dir_levels = 2
(default) compiler =
(default) compiler_check = mtime
(default) compression = false
(default) compression_level = 6
(default) cpp_extension =
(default) direct_mode = true
(default) disable = false
(default) extra_files_to_hash =
(default) hard_link = false
(default) hash_dir = false
(default) log_file =
(default) max_files = 0
(/Users/***/.ccache/ccache.conf) max_size = 2.0G
(default) path =
(default) prefix_command =
(default) read_only = false
(default) recache = false
(default) run_second_cpp = false
(default) sloppiness =
(default) stats = true
(default) temporary_dir =
(default) umask =
(default) unify = false

ccache を使うには ccache の引数にコンパイラ名もしくはパスを与えるか、各コンパイラの名前で ccache へのシンボリックリンクを作成する。ちょっと面倒だけど問題が少ないのは恐らく前者。後者は公式ドキュメントに例が記載されてる。

ln -s ccache /usr/local/bin/gcc
ln -s ccache /usr/local/bin/g++
ln -s ccache /usr/local/bin/cc
ln -s ccache /usr/local/bin/c++

MacPorts 版では /opt/local/libexec/ccache 以下にシンボリックリンクを作成し、PATH で /opt/local/libexec/ccache を優先するようになってた。同じ名前のコンパイラが存在したら困るから当たり前か。

$ ls /opt/local/libexec/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 c++ -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 c++-3.3 -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 c++-4.0 -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 c++-4.2 -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 c++3 -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 cc -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 g++ -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 g++-3.3 -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 g++-4.0 -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 g++-4.2 -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 g++2 -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 g++3 -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 gcc -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 gcc-3.3 -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 gcc-4.0 -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 gcc-4.2 -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 gcc2 -> /opt/local/bin/ccache
lrwxr-xr-x  1 root  admin  21  1 29 19:17 gcc3 -> /opt/local/bin/ccache

ところで ccache の安全性ってどうなんだろうね。