読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

😃 mattintosh note 📝

Hello Raspberry Pi!

Homebrew 版の Wine のインターフェイスが英語だった理由

一時期、MacPorts から Homebrew に乗り換えたときに Wine も入れてみたんだけど、インターフェイスが英語だった。

で、最近になってソースから Wine をビルドしているんだけどこの言語の表示に gettext が関係していることを知った。Wine をビルドするとき、システムに gettext が無いと日本語のメッセージが生成されない。多分、ビルドされた後に生成することは出来ないからビルドし直しになると思う。

改めて Homebrew の Wine のフォーミュラを確認してみると依存関係に gettext は含まれていない。

https://github.com/mxcl/homebrew/blob/master/Library/Formula/wine.rb

MacPorts 版の場合は xz の依存関係に gettext が含まれているので勝手にインストールされるようになっている(gstreamer にも gettext が依存関係に含まれている)。

Wine のインターフェイスが日本語にならないという場合は先に gettext を入れておくと日本語になるかもしれない。フォーミュラに gettext はあるようなので Wine のフォーミュラを編集して依存関係に gettext を追加するのもありかも。あとは環境変数(LANG=ja_JP.UTF-8)の設定とか。

今は MacPorts しか使っていないのでよくわからない。